問:年齢、血液検査の血清クレアチニン値を入力して、下さい。eGFRが計算されます。
(1)年齢 歳  (2) 血清クレアチニン (Cr) mg/dl 
    糸球体濾過量推定値(eGFR)を推算する     

男性なら eGFR= ml/min/1.73m2 、慢性腎臓病の病期分類は「ステージ 」です。
女性なら eGFR= ml/min/1.73m2 、慢性腎臓病の病期分類は「ステージ 」です 。


日本腎臓学会「日本人のGFR推算式プロジェクト」から、日本人のGFR推算式が発表されました。この新しい推算式を基に、わが国のCKD患者数(尿蛋白陽性またはGFR60未満)を推計したところ、約1330万人(全人口の12.9%)になることが明らかにされました。

日本人のGFR推算式

GFR=194 X Cr-1.094 X 年齢-0.287(男性の場合)
GFR=194 X Cr
-1.094 X 年齢-0.287X 0.739(女性の場合)
Cr:酵素法で測定した血清クレアチニン
日本腎臓学会       第51回日本 腎臓学会学術総会

慢性腎臓病のステージと診療計画
ステージ
(病期)
説明
推算GFR値
mL/min/1.73m2
診療計画
0
ハイリスク群※1
慢性腎疾患には至っていないがリスクが増大した状態
≧90
(CKDのリスクファクターを有する状態で)
CKDスクリーニングの実施(アルブミン尿など)、CKD危険因子を軽減させる治療。
1
腎障害は存在するが、GFRは正常または増加
≧90
上記に加えて、CKD進展を遅延させる治療、併発疾患の治療、心血管疾患のリスクを軽減する治療
2
腎障害が存在し、GFR軽度低下
60〜89
上記に加えて、慢性腎臓病の進行度の評価
3
腎障害が存在し、GFR中等度低下
30〜59
上記に加えて、CKD合併症を把握し、治療する(高血圧、貧血、続発性上皮小体機能亢進症など)
4
腎障害が存在し、GFR高度低下
15〜29
上記に加えて、透析又は移植の準備
5
腎不全・透析期
<15
もし尿毒症の症状があれば、透析または移植の導入
透析患者(血液透析、腹膜透析)の場合にはD、移植患者の場合はTをつける。
2007年CKD診療ガイドラインから