樹種目次 国産広葉樹 国産針葉樹 南洋材 北米材 アフリカ材 南米材
一枚板テーブルの吉野杉ドットコム 一枚板テーブルの吉野杉ドットコム

花梨・カリン
カリン 【花梨・花欄・花林】

[その他の名称]
広義に花梨(カリン)と呼ばれ、フイリピンではナーラ (Narra) 、インドネシアでは、リングア、パプアニューギニアではニューギニアローズウッド (N.G.rose wood) 、ソロモンバドゥクとも呼ばれる。英名でアングサナ(Angsana)。また、別名インドシタン(印度紫檀)と呼ばれることもある。


マメ科 Pterocarpus 属の広葉樹。環孔性散孔材。
学名 : Pterocarpus indicus Willd.


フィリピン、インドネシア、ニーギニア、マレーシア


辺心材の区分は明瞭で、辺材は淡い黄白色、心材は黄褐色からやや紫色を帯びた赤褐色を呈す。一般に均一な色調を示すことは少なく、縞模様になることが多い。


木理はかなり交錯し、強勒で硬い。木質は重く、肌目はやや荒い。 切削・加工は、比較的容易で、表面仕上は良好。ゆっくり乾かさないと乾燥によって狂いやすい。磨くと光沢が出て、美しくい。
気乾比重 : 0.57〜0.63


唐木の一つで家具、器具、楽器など装飾的な目的で使われることが多い。また、建築材としては、床柱、床廻り材などに使用される。 


バラ科の果樹・花木として知られるカリンとは全く別の種類である。
本花梨と称されるパドウクと比べると、木質は少し軟らかく、色調も淡い。


diy木材と木製レターオープナー

家具用語辞典 家具と木製雑貨の通信販売 DIY木材販売 家具木工検索エンジン
※ この用語辞典で木材の検索も出来ます。 制作 府中家具工業協同組合