Fuchu Museum of
Furniture and Woodworks

府中家具木工資料館



展示品の紹介
箪笥類 index
船箪笥
薬箪笥
手許箪笥
車箪笥
階段箪笥
蒲団箪笥
衣裳箪笥
刀箪笥
帳場箪笥
水屋箪笥
膳棚
民具類 index
有明行灯
遠州行灯
丸火鉢
長火鉢
行火
煙草盆
箱膳
外居
岡持ち
唐櫃
長持
車長持
行李
衣桁
箱枕
銭箱
帳場机と結界
書見台
木製冷蔵庫
卓袱台


長火鉢

ながひばち
長火鉢
年代 : 大正時代
素材 : 欅 (けやき)
寸法 : W54cm×D31.5cm×H27cm

【解説】
この火鉢は「関東長火鉢」と呼ばれるもので、火鉢の脇に湯呑などを置くための猫板 (別名げす板) が付いているのが特徴。 猫板の上は温かいので、ここに猫がよくうずくまることからこう呼ばれる。
ちなみに関西で流行った長火鉢は、火鉢の四方に幅の広い板が付き、その上に湯呑などを置いた。
火鉢は木炭を使った暖房器具ですが、その他にも様々な機能を備えていて、火鉢の中に銅壷(どうこ)または鉄壷を入れ、ここでお酒の燗をつけたり、五徳(ごとく)に鉄瓶をかけ、いつでも湯が足りるようにしていた。 また長火鉢には引出しが付いており、その中は乾燥しやすいのて海苔や煙草を入れていた。


| HOME | ネットショップ | 家具メーカー | エコ家具 | 再生家具 | 木工資料館 | 用語辞典 | 木材図鑑 | 銘木shop | SITEMAP |