家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館 家具&木工検索エンジン

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1022語

【あ】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
(47) (36) (22) (22) (25)
  11 - 20 ( 151 件中 ) 


あさだ
カバノキ科の落葉広葉樹。北海道、本州、四国、九州に自生。また、朝鮮南部、済州島、中国にも分布。木質は重硬で木肌は緻密。光沢があり、表面仕上がりは良好。家具材、器具材、建具材、船舶材、床板などに用いる。別名、ミノカブリ、ハネカワ、アサダ桜とも言う。

あさり
鋸(のこぎり)の身と切り口との摩擦抵抗を減らすため、鋸の歯を交互に左右に振り分けること。目振り、歯振りとも言う。

あしものかぐ 脚物家具
家具を大きく分類する場合、イス、テーブルなどのように脚(足)が付いたものを脚物家具と呼ぶ。⇔箱物家具

アジャスター adjuster
調整するものを意味し、テーブルなどの脚の下部に付き、高さを水平に安定させるため、ねじって高さを微調整するボルト。

あじろ 網代
檜のへぎ板や竹などを、斜め短冊形に組んだもの。天井や羽目板などに用いる。

アスペン aspen
北米に産するヤナギ科の広葉樹。材は清潔感のある白い色が特徴で、家具の引出し、ドア、モールディング材、額縁などに用いる。ホワイトポプラ、カナディアンポプラとも呼ばれる。

あて 档て】 reaction wood
木材の欠陥の一つ。樹木の日陰の側、又は、山地斜面に生育する場合、根元が湾曲している部分など、成長の片寄りから生ずる。部分的に硬くなっていて狂いが大きい。陽疾とも書く。

アピトン apitong
東南アジアの熱帯雨林に産するフタバガキ科の広葉樹。材はやや重硬で強度が大きい。羽目板、柱、梁、梱包材、パレット、合板材などに用いるが、フローリング材が特に有名。クルイン、ヤン、チュティール、カインとも言う。

アフゼリア Afzelia
アフリカに産するジャケツイバラ科の広葉樹。心材は赤褐色であるが外気にさらさりーれると暗赤褐色に変化する。 木質は堅く加工は困難。虫害や耐朽性に優れる。アパ、ドウシェ、パチロバとも呼ばれる。ケヤキの代用として寺社建築用に用いられることがあり、アフリカ欅とも呼ばれる。

アフリカンパドウク african padoauk
アフリカに産するマメ科の広葉樹。 辺材は淡い黄白色で心材は鮮やかな赤褐色を呈す。木質は重く、肌目は荒い。磨くと光沢が出て、美しくい。家具、器具、楽器など装飾的な目的で使われることが多い。同属の樹種に、東南アジア産のカリンがある。



  11 - 20 ( 151 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ