家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館 家具&木工検索エンジン

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1022語

【あ】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
(47) (36) (22) (22) (25)
  21 - 30 ( 151 件中 ) 


アフリカンブラックウッド African blackwood
アフリカのサバンナに生育するマメ科の広葉樹。黒檀に似るが、それよりも材質は硬く、木肌は緻密。アフリカ黒檀とも呼ばれるが黒檀 (カキノキ科) の類ではなく、紫檀やローズウッドの仲間。音の響きが良いことや轆轤 (ロクロ )加工に適していることからオーボエやクラリネットなどの木管楽器に使われる。グラナディラ (Grenadilla Wood)、アフリカンエボニー (African ebony)とも言う。

アフリカン マホガニー  african mahogay
アフリカに産するセンダン科の広葉樹。心材は淡桃褐色から濃赤褐色を呈し、しばしば美しい杢目が現われる。木質はやや重硬で、心材の耐久性も良いが、キクイムシ等の虫害に侵されやすい。 家具材、内装材、ドア材、窓枠、楽器、ツキ板などに用いる。カヤ(Khaya) とも呼ばれる。

アフロルモシア afrormosia
アフリカに産するマメ科ペリコプシス属の広葉樹。 心材は黄褐色から金褐色を呈し、木質は重硬。家具材、床材、内装材、額縁、ツキ板などに用いる。アサメラ 、コクロジュアとも言う。また、材の色調がチークに似ることから、市場名でアフリカンチークとも呼ばれる。

アボジレ Avodire
アフリカに産するセンダン科の広葉樹。材は黄白色から淡い黄褐色を示し、光沢がある。木肌はやや粗く、逆目を起こしやすい。釘打ちや接着性は良好。アボジラ、アフリカンサテンウッドとも呼ばれる。

アボジラ avodire
アフリカに産すセンダン科の広葉樹。材は黄白色から淡い黄褐色を示し、光沢がある。 木肌はやや粗く、キャビネット、内装パネル、突き板、合板などに用いる。

あまにゆ 亜麻仁油】 linseed oil
麻の種子から得られる植物性の乾性油。オイルフィニッシュ等に用いるオイルの主原料。亜麻子油 (あましゆ) とも言う。

アマビリスファー Amabilis Fir
アメリカ北西部からカナダ、アラスカ東南部に生育するマツ科モミ属の針葉樹。心材はクリーム色から淡い黄褐色。木質は日本のモミに似る。パシフィックシルバーファーとも言う。また、アマビリスファーやウェスタンヘムロックを総称してカナダツガ、英語名ではヘムファーと呼ばれる。

アマラ Amara ebony
インドネシアのスラウェシ島周辺に生育するカキノキ科の広葉樹。入手が難しくなった縞黒檀の代用品として使われることが多い。本黒檀と比較すると木質はやや軽軟で木肌も少し粗い。アマラ黒檀、アマラエボニー、カリマンタンアマラーとも呼ばれる。

アムーラ amoora
東南アジアに産するセンダン科の広葉樹。 心材は赤褐色ないし濃褐色を呈し、肌目はやや粗い。建築用造作材、床材、家具の引き出し、合板などに用いる。パプアニューギニアでは、パシフィックメープルと呼んでいる。

あらいかえ 洗い替え
古くなって汚れた桐箪笥を再生すること。その方法は熱湯をかけて汚れを落とし、表面を削ってキズなどを補修して仕上げる。洗い直しとも言う。



  21 - 30 ( 151 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ