家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館 家具&木工検索エンジン

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1022語

【さ】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
(28) (65) (25) (20) (15)
  101 - 110 ( 153 件中 ) 


スツール stool
背もたれのない一人掛け用の腰掛

ステー stay
扉や上蓋(ふた)などを所定の角度まで開いたとき、そこで止めて支えるための金具。扉を単に支えるだけのものと、扉の急激な落下を和らげる自動ブレーキ装置が付いたものがある。

ステープル staple
U字形をした止め金で、エアータッカーやホッチキスの針。椅子張りやフラッシュ加工などに用いられる。

ストローブマツ
北米の北東部に多いマツ科の針葉樹。心材は淡い赤褐色で辺材は黄白色。軽軟な材で、切削や釘打ちなどの加工性は良い。建築材、建具材、合板、パルプなど用いる。英名はイースタンホワイトパイン。

スネイクウッド snake wood
南米に産するクワ科の広葉樹。小径木で、産出量も非常に少ないので幻の木と言われている。心材は赤黒褐色で蛇のウロコの様な美しい模様が現れる。また、文字を並べたようにも見えることからレターウッド (letter Wood) とも言う。極めて重硬な材で加工や乾燥は難しい。表面は滑らかに仕上がり、耐久性は高い。ステッキやバイオリンの弓、万年筆の軸などに使われる。

すのこ 簀の子
板を隙間をあけて横に並べて打ち付けた台。又は細く割った竹や板を簾(すだれ)のように編んだもの。

スプリングマットレス
初期のマットレスは、藁や綿などを詰めて使われていたが、1920年代になってバネの反発力を利用したスプリングマットレスが発明され主流になる。

スプルース spruce
北米大陸に産するマツ科の針葉樹で、シトカスプルース・エンゲルマンスプルース・ウェスタンホワイトスプルースを単にスプルースと称す。 材は、全体に白色から淡い黄褐色を呈す。 木理は通直で寸法の大きな材がとれる。 建築材、造作材、パルプ材、家具材、器具材、箱材なに用いる。ベイトウヒ(米唐檜)とも言う。

スポルテッド Spalted
樹木の亀裂などから雨水が染み込んだ際に、内部にカビや細菌などが繁殖して黒く筋状に変色して出来た造形的に美しい模様。特にメイプルは「メイプルシロップ」を取るために人工的に傷を付けるため、この様な杢が現れやすく、スポルテッドメイプルとしてギターなどによく用いられる。

すみつぼ 墨壷
大工や指物師などが材料に直線を引くのに用いる道具。一方に墨肉を入れ、他方に糸(墨糸)を巻きつけた車をつけ、糸は墨池の中を通し、端に仮子(カルコ)という小錐(コキリ)をつける。墨糸を加工材にまっすぐに張って垂直に軽く弾くと、黒線が材面に印される。唐木など黒っぽい材料へは、墨の代わりに朱肉を入れた朱壷(しゅつぼ)を用いた。



  101 - 110 ( 153 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ