家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館 家具&木工検索エンジン

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1022語

【さ】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
(28) (65) (25) (20) (15)
  81 - 90 ( 153 件中 ) 


しらき 白木】 plain wood
塗料を塗らない、木地のままの材のこと。「素木」とも書く。家具の場合、手が触れることが多く、汚れ易いので、白木塗装と言って塗膜をうすく塗ることもある。

しらた 白太】 sap wood
木材の樹皮に近い周辺部。心材に比べて淡色で、腐りやすく、虫が付きやすい。白肌とも書く。また、辺材、白材(はくざい)とも言う。 ⇔赤身

シラリ sirari
中米から南米北部に生育するマメ科の広葉樹。心材はサーモンピンクのような明るい赤茶色。木質はやや重硬。表面の仕上がりは幾分荒く、逆目がおきやすい。家具の部材、大工用材、フローリングなどに用いられる。テントウ(Tento)とも言う。

シリカ sillica
二酸化ケイ素 SiO2・nH2O こと。樹木に含まれることがあり、これを含んでいる木材を加工すると鉋や鋸の刃を傷める。また、その木材を焼却すると小石のような石灰魂が残る。

ジリコテ ziricore
中南米に生育するムラサキ科の広葉樹。暹羅柿(しゃむがき)とも言い、黒褐色の濃淡模様がありクロガキの代用として使われる。また、床柱としても珍重される。

しりん 支輪】 cornice
家具では、箱物の最上部(天板)の飾り面のこと。建築においては、天井と壁面の境を湾曲させたり飾り面を取付けたもの。「蛇腹」とも言う。

シルバー グレイン silver grain
オーク材などの柾目面に現われる虎斑(とらふ)のこと。銀杢とも言う。

シルバーハート silver heart
アフリカに産するアカテツ科の広葉樹。心材は桃色を帯びた白褐色で美しい縮杢が出ることがある。 建築材、家具、建具、造作材、化粧合板などに使われる。アニグレとも呼ぶ。なお、縮杢が現れたものは商品名でサテンシカモアと呼ばれる。

じんこうかんそう 人工乾燥
木材を機械設備を使って短時間に乾燥させること。蒸気、燻煙、電気、真空乾燥、高周波乾燥などの手法がある。⇔自然乾燥

しんざい 心材】 heart wood
木材の内部の色が濃い部分。樹種によっては色で判別できないものもある。辺材に比べ耐朽性があり材として利用価値が高い。赤味とも言う。 ⇔辺材



  81 - 90 ( 153 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ