家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館 家具&木工検索エンジン

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1022語

【は】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
(53) (32) (47) (21) (26)
  101 - 110 ( 177 件中 ) 


ぶどまり 歩留り】 yield (rate)
木材などを加工する際、原料に対して製品として使える部分の割合。〜がいい。(悪い)

ふとんたんす 蒲団箪笥
押入れが無かった昔、蒲団や蚊帳などを収納した大型の箪笥。夜具箪笥、押入箪笥、部屋箪笥などとも呼ばれる。

ぶどうもく 葡萄杢
小さな円形の模様が連なって、まるで葡萄の房がぶら下がっているように見える杢目。瘤杢 (バール杢) の中でも均整がとれているもの。バラ科の樹木や楠の木の根瘤などに希に現れる珍しい杢目。

ぶな 椈 ・ 山毛欅】 Japanease beech
ブナ科の落葉広葉樹。薄いピンクがかった白っぽい木肌で、特徴として全面に小さな斑(ふ)が入る。乾燥をきちんと行わないと、曲がり、よじれなど狂いを生じる。イス用材として有名で、曲げ加工に適している。シロブナ、ソバグリ、ソバノキとも言う。

ふなたんす 船箪笥
北前船などの商船に積み込まれて使われ、狭い船内や携行にも便利なように小型化され、荒海にも耐えられるよう頑丈な木組みと鉄金具で保護された箪笥。商取引に必要な帳面、金銭、印鑑、筆、硯などを収納していた懸硯 (かけすずり) や帳箱 (ちょうばこ) のほか、羽織袴などの衣裳を入れた半櫃 (はんがい) などの種類がある。

ふばこ 文箱 ・ 文筥
書状などを入れておいた手箱。ふみばこ

ブビンガ bubinga
熱帯アフリカに産するマメ科の広葉樹。心材は赤褐色で縞が現れる。木質は重硬で粘りがある。家具材、床材、室内装飾材、彫刻材等に用いる。ケバジンゴ、エシンガン、オベシ、ワカとも言う。

ふみだい 踏み台
高い所の物を取ったりする時に乗る台。昔は、このことを脚立(きゃたつ)と呼んでいた。丸い穴があけられ、クズ入れと兼用になっていた。

プライ pulai
東南アジア、ポリネシア諸島及びアフリカに産するキョウチクトウ科の広葉樹。 軽軟な材で、黄白色を呈す。 引出しの側板、合板の芯板、靴のヒールなどに使われる。アルストニア (Alstonia) 、ミルキーパイン (Milky pine) 、ホワイトチーズウッドなどとも呼ばれる。

プライウッド plywood
合板、ベニア板のこと。



  101 - 110 ( 177 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ