家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館 家具&木工検索エンジン

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1022語

【は】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
(53) (32) (47) (21) (26)
  71 - 80 ( 177 件中 ) 


ぴぽっとちょうばん ピポット蝶番
扉の上端と下端に取付け、上下軸を支点に開閉する金具。ピポットヒンジ。正面から見ると金具が目立たなくなる。

ひめきょうだい 姫鏡台
小型の鏡台。整理たんすの上などに置いたりする小さくて可愛らしい鏡台。

ひめこまつ 姫小松
マツ科の常緑針葉樹で、北海道から九州までの山地に自生。材の色調は淡黄紅色〜淡紅色で、年輪幅は狭く均一。軽軟材で、狂いが少ない。造作材、建具、天井板、家具、木型などに用いる。針状の葉が5本ずつ束生する五葉松(ごようしょう)に属し、北五葉(きたごよう)とも言う。

ひめしゃら 姫羅紗
ツバキ科の広葉樹。材は硬くて粘りがあり、加工は難しいが仕上がりは光沢があり美しい。床柱や柄・ステッキ、器具材などに用いられる。花や葉は沙羅の木の別名、夏椿に似るが、やや小さいことから姫沙羅の名が付いた。また、樹皮は猿が滑り落ちるほど平滑なことからサルスベリ(猿滑り)の異名があるが、ミソハギ科の百日紅とは異なる。

ピメロデンドロン pimelodendron
東南アジアからニューギニアなどに分布するトウダイグサ科の広葉樹。材は褐色から灰白色を呈し、部分的に濃い灰色を帯びることがある。用途は軽構造物、モールディング材、ベニヤなど。

びゃくだん 白檀】 sandal wood
ビャクダン科の常緑広葉樹でインドから東南アジアにかけて生育。心材は淡黄色で使いこむほどに濃くなる。肌目は緻密で光沢がある。木質は重硬で耐久性はかなり高い。檀香とも呼ばれ芳香があり、仏像などの木彫材のほか扇子、櫛の材として珍重される。インドネシア語でチュンダナ(cenndana)、英語ではサンダルウッドと言う。栴檀とも言う。

ビューロー bureau
英国では引出し付きの事務机を指し、米国では一般的に上部に鏡の付いた整理タンスを指す。

ビュッフェ buffet
フランス語が語源で、ダイニングの際に使用れるサイドテーブル。立食や簡易食堂も意味し、立食用のテーブルやカウンターも指す。

びょうぶ 屏風
小さ襖(ふすま)のようなものを数枚つなぎ合わせて、折りたためるようにしたもの。部屋に立て風を屏(ふせ)ぐために作られのが始まり。物を隠したり間仕切りや装飾に用いたりする調度品。

ヒラタキクイムシ
家具や建材などを食害する代表的な昆虫。体長3〜8mmで、幼虫の時に木材を食害し、成虫になって材の外に出る際に円形の脱出孔から粉状の木屑(フラス)を出すので、食害を知ることとなる。よく乾燥した新材を食い荒らし、特にラワン類やナラの被害が大きい。



  71 - 80 ( 177 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ