府中家具

 ■ 困った時のQ&A



 家具を使用していて困ったことや手入れ方法などをメールでご質問いただきましたが、 その中からいくつかをQ&Aにまとめましたので参考にして下さい。


引越しの際に家具を移動させたら、洋服タンスの左右の扉に段差が生じ、開け閉めする際に扉と本体がこすれ合うようになりました。どうすればいでしょうか。

 

これは、家具を設置した場所が水平でなく、タンスの本体が微妙に歪んだためで、業界では「寝置きが悪い」と言います。
直し方は、先ず、タンスの右上又は左上の角を手で押してみます。
どちらかの角を押すと扉の段差が無くなります。
つまり、その下側が低くなっていますので、床と家具の間に板切れ又は厚紙などを挿入して扉の段差が無くなるように調整すれば直ります。



家具が届いたのですが、かなり嫌な臭いがします。
シックハウス症とか心配です。何か改善策があったら教えてください。

 

家具から発生する臭いは、大きく分けて3つあります。
先ず、一つ目は、接着剤 (当然、合板やボード類には大量に含まれています。) から発生するホルムアルデヒドです。
これは、時間が経つと蒸発して臭いは無くなります。温度が高いと早く蒸発しますが、その際はよく臭います。
最近は、ホルムアルデヒドなどVOCの発散を抑えた家具が多くなっています。
次に臭うのは、自然塗料の臭いです。これは、天然素材が原料なので人体への害は無いと思いますが、塗り立ての時は臭いがかなりきついものもあり、完全に臭いがなくなるまで長期間かかるのが難点です。主に、無垢板のクラフト的な家具に最近よく使われています。
これらは、@ A は風通しを良くしておくと早く臭いが消えます。
もう1つは、木材から発生する臭いです。ヒノキなど芳香な材もありますが、嫌な臭いがする木材もあります。また、クスノキのようにチョッと嫌な臭いでも防虫効果があるものもあります。これら木材から発生する臭いは、年月が経ても完全には消えません。
以上、どの臭いかがわかりませんが、参考にして下さい。



カビが生えるのは梅雨時期だけと思っていましたが、冬場なのにタンスの中にカビがいっぱい生えていました。 原因と対処方法を教えてください。

 

一般にカビは湿度の高い梅雨時期によく生えますが、最近、湿度が低いはずの冬場にカビが生えたとの苦情が多く寄せられます。
タンスが置かれている環境を伺うと、殆どが鉄筋コンクリート造りの建物で、壁面にタンスを密着させて置かれています。
壁を触るとわかるように、コンクリート壁は外気温がそのまま伝わり、冬は非常に冷たくなっています。ところが、室内では暖房をかけるので温かく、温度差により結露現象が生じます。 ひどい時には、壁が汗をかいたように水滴がいっぱい付着しています。そうした壁面に家具を密着させて置くと、木材が水分を吸収してタンスの中までもカビが生えてきます。
カビが生えるだけでなく、木材が膨張して変形したり、引出しが開かなくなることもあります。
対処の方法は、壁から10p程度離して家具を設置し、風通しをよくします。時には、窓を開けて空気の入れ替えも必要です。
カビが生えたところは、市販の家庭用カビ取り剤(主成分=次亜塩素酸ナトリウム)を水で薄め、布に浸して拭き取って下さい。
なお、カビ取り剤の濃度はカビの色により、白っぽいものは濃度を薄く、緑や黒っぽいものは濃度を濃くしてお使い下さい。



家具の裏板に小さな穴が無数にあき、木の粉が落ちいてました。虫が喰っているのでしょうか?対処の方法をお教えください。

 

木材の食害虫として代表的なものに、テッポウムシ、ヒラタキクイムシ、シロアリなどがいます。
テッポウムシは、カミキリ科の幼虫で、樹木(立ち木)の段階で卵が産み付けられ、一年以内に成虫となり、材から飛び出す時に穴をあけ、そこから木粉が出て虫害を知ります。 虫穴は、他と比べて大きく、無数にあけることはありません。 主に生木に卵を生むので繰り返し被害を受けることはありません。
ヒラタキクイムシは、広葉樹のラワンや楢を好み、細かい粉を多量に排出しながら木目に沿って喰い荒らします。5月〜6月頃が最も活動が盛んです。建材などから移ったり、他へも被害が広がる恐れがあるので、殺虫が必要です。
シロアリは、家屋の柱や床材などを集団で食い荒らし、家具にまで被害が及ぶようであれば一大事です。 退治するには、アリの巣を見つけて撃退しなければなりません。
他にシバンムシなどがいますが、これは相当年月が経過し、乾燥した古い木材(建物の梁や柱、床、屋根、及び家具など)を喰うので、買って10年、20年の家具が被害に遭うことはないと思います。
殺虫方法としては、市販のキクイムシ、シロアリ退治用の殺虫剤により、長いノズルの先端を虫穴に挿入してスプレーします。 しかし、材の奥深くにいる場合や卵、サナギの状態では効き目が薄く、こまめに何度も殺虫することが望ましい。



タンスの金具が壊れ、修理を依頼しようと購入した販売店を尋ねたら、倒産していて連絡がつきません。どうしたら良いでしょうか?

 

金具は色んな種類やサイズがあり、同じ物を探すのは大変です。家具を製造したメーカーに問い合わせて、同じ物を取り寄せるのがベストです。
製造メーカー名は、タンス内部の右上隅に貼ってある品質表示ラベルに記載されています。そのラベルは、家庭用品品質表示法に基づいてタンス類、イス・テーブル類 (棚物類は任意) に表示が義務付けられています。製造メーカー名と連絡先が直接記載されている場合もありますが、産地組合名と管理番号を記載している場合もあります。その場合は、記載してある産地組合に管理番号を問い合わせるとメーカー名を教えてくれます。
但し、平成9年以前のタンスの殆どは、通産省承認の製造者番号しか記載していないで、その場合は、(社)日本家具産業振興会 (TEL 03-3261-2801) に番号を問い合わせると製造メーカーを教えてくれます。
(この品質表示は、輸入業者や販売業者が表示することも認められています。)


このページは、徐々に内容を増やしてくい予定です。
家具の手入れ方法や困ったことがありましたら E-mail : kagu@fuchu.or.jp でお寄せ下さい。


| HOME | ネットショップ | 家具メーカー | エコ家具 | 再生家具 | 木工資料館 | 用語辞典 | 木材図鑑 | 銘木shop | SITEMAP |